公式ホームページ

公式ホームページ

有限会社ヨコヤマオートグラス

〒194-0212
東京都町田市小山町217-25
TEL:042-860-1077

‘その他’ カテゴリーのアーカイブ

8glass stock 2020

日産SR311フェアレディ後期型ハイウィンドの純正フロントガラスです。

クリヤータイプのガラスになります。

7glass stock 2020

6glass stock 2020

全くもって奇跡の新品です。

約半世紀も無傷でよくぞうちに来てくれました。

10glass stock 2020

メルセデス280SLの当時物フロントガラスです。

淡いブルーガラスでグリーンのぼかし付きになります。

9glass stock 2020

現在のリメイクガラスはSIGLAマークが付いていたりしますが、この当時物

フロントガラスはSEKURIT製になります。

ただしベンツマーク無しなので、当時物OEM部品となります。

現在の純正ガラスのAGCマークより遙かにかっこいいですね。

4glass stock 2020

今度はまた奇跡の新品フロントガラス。

ポルシェ911ナロータイプのフロントガラスになります。

3glass stock 2020

2glass stock 2020

色はクリヤータイプです。

実は70~80年代はSEKURITマークが主流だったんです。

これもポルシェマークが入っていないためOEM部品となります。

しかし現在のガラスと比べると厚みが全く違います。

どれも無傷の新品ガラスとなります。

R34rearglass6

R34rearglass2

上の2枚の画像は日産スカイラインR34クーペモデル(GT-R)の

リヤガラスです。

オリジナルのスモークガラスが3枚ほど有ったのですが、全て完売となって

しまいました。

R34rearglass3

社外製品となりますが、クーペタイプ(GT-R)共通の新品リヤガラスが

残り1枚となってしまいました。

売り切れ御免! お早めに!

 

 

ヨコヤマガラス看板26

新工場がそろそろ完成という頃、看板の準備が何も無いことに気づいてしまいました。

今から看板屋さんに頼むのも難しそうなので、オリジナルの看板を作ることを決意。

ヨコヤマガラス看板3

ヨコヤマガラス看板15

約1年仮店舗でお世話になりました。

20年近く使っていた看板ともオサラバです。

お疲れ様でした。

ヨコヤマガラス看板27

大量の在庫品を整理しながら、また大量在庫の中古ガラスを見た時には

本当に気が滅入ってしまった。

そうだ! 出そうに無い在庫中古ガラスは捨てるよりも看板にしちゃえ。

ヨコヤマガラス看板20

ヨコヤマガラス看板19

と言う事で、何故かサーブ95のフロントガラスが良いかなと・・

直感で理想の看板のイメージ通りと言う事で選びました。

取りあえず黒セラミックの部分を切り落とします。

ヨコヤマガラス看板23

黒セラミックの部分を落としただけだと、どうもイメージが湧きません。

もっと下側に丸みが欲しいかな~

ヨコヤマガラス看板24

こんな感じでしょうか?

模索しながら適当に切っていくと、どんどん小さくなってしまいます。

こんな所で形を決めて、後は切り口を綺麗に削っていきます。

ヨコヤマガラス看板17

文字入れのイメージです。

ヨコヤマガラス看板11

ガラスの裏側に逆文字カッティングシートを貼り付けます。

ヨコヤマガラス看板12

ヨコヤマガラス看板13

捨てる予定だった使い欠け白スプレー2~3本で、裏側に塗装処理をします。

ガラスの透明感がでてきていい感じです。

ヨコヤマガラス看板4

ガラス看板の取付方法もしっかり設計しないと大変な事になってしまいます。

ヨコヤマガラス看板5

アングルは3.2㎜厚の鋼板を溶接し、外壁と同色に筆塗りです。

建物の中心に看板を合わせたいのですが、建物の鉄骨側の中心が少しずれています。

従ってアングルは左右非対称になってしまいます。

ヨコヤマガラス看板

下側の受けアングルは、古い看板のアングルを加工した物です。

アングル全体を外壁と同色にしたのは正解ですね。

大事な所ですが鉄とガラスが直接干渉しないようポリウレタンのシール材を使います。

また違う箇所にはシリコンも併用します。

剥離させない専門技術がココにも生きてきます。

ヨコヤマガラス看板8

建物の割には小さすぎたかも・・

でもそんな派手な商売では無いので、さりげなくいいかな?

眼を凝らしながらお越しください。

ヨコヤマガラス看板6

しかし夜はこんな感じです。

ほとんどお金の掛かっていない看板ですが大変満足な仕上がりです。

 

 

 

54Btrunk4

剥離作業はトランク内から室内へ移動します。

inner panel

inner panel3

inner panel4

inner panel6jpg

後部座席周辺の剥離が、本職の合間とはいえ約1ヶ月掛かってしまった。

ペーパー空研ぎ、ワイヤーブラシ、錆止め、毎日の繰り返し作業。

しかし鉄本来の輝きを見てしまうとついつい夢中になってしまいます。

54Bnaviside3

54Bnaviside4

助手席側のフロアは無事ですね。

ロッカーパネル際に小さい腐食がありますが、溶接で簡単に治せる状態。

54Bdriveside2

54Bdriveside3

54Bdriveside4

room

運転席側は補修痕が出てきました。

少々気になるので、ピラーの継ぎ目やフロアの継ぎ板も綺麗にやり直します。

ひとまず錆止め、エポキシプライマー処理。

S54door11

S54door5

S54door7

S54door12

ドア4枚とも異常に綺麗な状態。

おそらく前オーナーさんがドアパネル4枚とも交換していると思われます。

ある意味ラッキーかも。

S54fender3

S54fender.5jpg

fenderright

fenderright.jpg2

フロントフェンダーの多少のへこみは致し方ない。

腐食が理由でドアヒンジ付近が治されていますが、この部分は鈑金の

やり直しが必要となります。

左右とも同じ補修がされていることから、根本的な原因がありそうです。

S54hood4

S54hood2

S54hood

hood2

エンジンフードの裏側が結構大変な事に・・・

表は剥離剤を使えば問題ないのですが、フィンやヒンジの付け根辺りは無理だな。

hood13

hood10

hood7

hood9

やはり目は潰れず、スポット揉んで分解です。

おかげで手の届かないところが磨き放題。

skylineS54B19

hoodok2

防錆、サフプライマー後パネルボンドで接着です。

スポットの穴をずらさず接着すれば意外と綺麗に元通りになります。

やっと本番サフェーサーから塗装へと向かえそうです。

エンジンも同時に手を入れていく予定で、おそらく年内には走れるでしょう。

 

body work mission

プリンスマーク

body work side left

S54 body

慎重にエンジンとミッションを時間かけて外したおかげで、ドアやフェンダーなどは比較的

に軽快な外し作業となってくれました。

fuel tank

S54 body2

S54Bスカイライン自慢の100ℓタンクはとりあえず使えそうです。

外見は綺麗でもタンクの中は後のお楽しみと言うことで・・・

S54hood4

cleaner2

剥離剤使って赤色を落として気付いたのですが、黄色が出てきたと思いきや、

オリジナル色のアイボリー色が出てきました。 元の色を剥離せず違う色を

被せているので、ある意味下地の鉄板は何10年も3層コートされた状態の様です。

54B mark

ルーフライニングの裏に54Bのサインを発見!

勿論当時のサインで半世紀ぶりに日の目を見たと言う事でしょうか。

cleaner10

cleaner9

cleaner7

3層コートの塗装を向いてしまうのも惜しい気もしましたが、屋根だけ見ると

オリジナルの下地(鉄肌)は芸術だなと改めて感じます

cleaner3

cleaner4

cleaner5

残念ですが、リヤフェンダーは左右とも補修された痕があります。

リヤフェンダーを守る役目のインナーカバーは遙か数年後に設計された部品なので、

タイヤから出るゴミや雨水などはリヤフェンダー裏側に蓄積されてしまいます。

故に腐って当たり前でしょう。

trunk

cleanerback cleanerback2

屋根から後部へと剥離作業が進んでいきます。 侵食するように外側から内側

へとトランクの中まで剥離作業は進んでいきます。

剥離作業はパーツ部分1カ所に1日掛かるので、剥離が終わったところはすぐに

錆止めとプライマー処理をします。

54Btrunk

54Btrunk2

54Btrunk3

54Btrunk454Btrunk5

スペアタイヤのラゲッジの腐りは見えませんが、非常に画像映えが醜いです。

54Btrunk6

僅かな腐食もありますが、鉄板に大きな穴が開いている訳でも無いので

このまま順調に作業が進みそうです。

次回は室内とフロントフェンダー、フード、ドアパネルといったボディから

外れたパーツの下地を綺麗にしていきます。

 

 

 

 

2仮店舗

7月中旬に入っても梅雨寒が続く日々でございます。

6月後半からスパートかけてなんとか工場の移転が終了しました。

引っ越しが大変でしたが、どうやら天候に恵まれたかも・・・

メイン通りからの画像ですが、弊社は正面、電光掲示板の建物の奥にあります。

仮店舗3

怖がらず奥へ入っていただき、昔の看板を目当てに来ていただければ、

まさしく弊社は隠れているように営業しております。

仮店舗5

仮店舗4

本当であれば、今頃町田街道沿いで営業していたはずなのに!

何しろ新工場の完成予定が、工場資材(強化ボルト)不足のおかげで中断に

なるなんて有り得ないだろう! まったく!! 怒りMAX!!!

しかしお世話になっている不動産屋さんのおかげで、どうにかココを借りることが

できました。

場所がどうのこうのと言える立場で無いので感謝感激でございます。

仮店舗6

仮店舗7

引っ越したばかりの画像ですが、とにかく物が多くただの置き場状態と

なってしまっています。

仮店舗9

仮店舗8

今はもう8月に入ったばかりですが、少しずつココが作業場らしく変貌している

状態に変わってきております。

年内はココでお世話になりそうな気配でございます。

 

 

BMWG10 windshield cut6

割れて交換したフロントガラスを細かく切って並べてみました。

並べてみると判るようにフロントガラスは、断熱機能やIRカット機能など様々な

化学的で繊細な技術が練り込まれております。

昔は単純に曲げていただけのガラスが、現在はあらゆる付加機能が付いてる複雑な

コンプリート部品となっております。

左はドイツ車のHUD(ヘッドアップディスプレイ)、中央は高機能IRガラス、

右はミラーベースの付いたグリーン系のフロントガラスです。

BMWG10 windshield cut2

左のガラスの元がこちらになります。

BMW最新のGタイプ7シリーズで、レインセンサー下側に飛び石を受けて交換した

フロントガラスです。

外部から受信するセンサーの取付部分に電波を遮断しないように、HUD機能部分が

避けて作られている構造となっています。

BMWG10 windshield cut1

また高機能フロントガラスは極端に薄く作られております。

低燃費を意識する世の中、無駄な物はトコトン削除する風潮が見て取れます。

しかしこれだけ完成された部品ですと、他に何か使えそうな気が致します。

物を粗末にできないと言うか、捨てれないと言うか、ケチなのか・・・

BMWG10 windshield cut8

BMWG10 windshield cut7

ひとまず、光学関係の会社様からのご依頼で作ったガラス試作品でございます。

HUD機能ガラスは様々な分野で使われており、バーチャル系や医療関係にも支援

できる、未来を担う商品になるのではないでしょうか。

 

 

 

IMG_2245

IMG_2244

IMG_2249

小生、旧車を好んで修理ばかりしていましたが、自分には何も所有する旧車が無いと

気付き始め、ついに半世紀以上昔のスカイラインを手に入れてしまいました。

タイヤは全てパンク状態、エンジン10年以上不動、妻には

「なんで鉄クズにお金払ってるの?」なんて言われる始末。

余計な出費をしたかと思いこんでしまいましたが、自分の直感を信じてトコトン

直してやろうと決心した次第でございます。

IMG_2360

IMG_2335

先ずは簡単なフード類から外していきます。

鈑金塗装の職人様方から見られると、ダメだ!とお叱りを受けそうですが、

自分の都合よくやり易い方法で進ませていただきます。

 

IMG_2351

IMG_2357

正面のフードを開けるとやはりエンジンが気になります。

ラジエタ―やウォーターポンプなどのオレンジ色は、出来れば見たくない所です。

エンジンを降ろそう!

気になっても仕方がないので、エンジンクレーンを借りてすぐに着工です。

IMG_2394

IMG_2400

IMG_2406

IMG_2405

 

配線やパイプ類、ウェーバー、エキマニ、など忘れないようにしないと・・・

何とも助かるのは、センサーなどの細かい装備が全くない事ですね。

いたってシンプルイズベスト。

続きはまたと言う事で。

 

 

 

s-IMG_4991

いすゞジェミニPF60 上部にブルーぼかしが付きます。

s-IMG_4995

日産ガゼールS110 こちらも上部にブルーぼかしが付きます。

s-IMG_4994

ホンダプレリュードBA1 二代目プレリュードになります。

s-IMG_4993

トヨタソアラMZ10 初代ソアラです。

当時はブロンズが多かったのですが、青ガラスになります。

komodahome1 komodahome2

大きな曲げの付いたアクリルが完成しました。 一番寸法の長い所で約1,800㎜もあります。

厚さは5㎜で淡いグリーン色(ガラス色)に仕上げました。

P2040561 P2040567

出張作業となりますが、ワンボックス営業車の後ろに積むのも大変です。 さてどんな車に付けるのでしょうか?

いろいろと想像してみてください。

レーシングカーやらクラシックカーにも使われそうですが・・

PC090532 P2040562

なんと今回はマリーナに赴き、クルーザーのフロントスクリーンの交換作業となります。

PC090527

かなり濃い目のブロンズ色のアクリルが付いています。 運転席から見ると左側が下からわれています。

沖へ出て波でジャンプすれば、かなりの衝撃がありますから、これぐらいの損傷は当たり前なのでしょう。

車でしたら大変ですけどね。

 PC090528 P2040563

英国で作られたクルーザーなのでしっかりとした作りをしています。 英国では様々なサイズがつかわれています。

日・独・伊はミリサイズが主流ですが米・英はインチサイズが一般的、とくに英国は4カ国の集まりですから、

地方では英国インチなんてたまに使われています。古いロールスロイスなどは多いですね。

P2040568 P2200592

アクリルとステンレスのモールの隙間にシリコンシールがつめられているので、それを剥がすのが大変な作業と

なってしまいます。 なんとか無事に形が整ってきましたが、やはり強い衝撃がまた掛かることを想定して

取り付け方も一工夫必要となります。

PC090533

完成となりましたが、アクリルの制作・交換作業、ちょっと日にちが掛かり過ぎました。 オーナー様からのシーズンオフの依頼でしたので

なんとかシーズンには間に合いましたが・・ この大きさのクルーザーを格納できる工場内の作業でしたら、もっと速くきれいな仕事が

できたのかな~なんて無理です。 根性の出張作業となりました。

よいクルーズを。

 

 

 

 

 

 

 

今回は横浜町田のアライバンキンさんでかっこいいフェラーリを発見しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の仕事はこの赤い328なんですが・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと横を見ると、あれ?

 

 

 

 

 

 

 

 

アライ社長のお車ですが、フロント周りが変わってる様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

私個人的にフェラーリの中で328は一番好むスタイルですが、なんと斬新な顔立ちなんでしょう。

当時のピニンファリナのデザインを崩さずに、現在のエンツォか430のモダンなヘッドライトスタイルをさりげなく

装着してるところはさすが!アライ社長。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはオリジナル328ですが、自分の仕事を忘れてしまいそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

タイヤハウスぎりぎりまでライトユニットを作るのはちょっと思いつきません。

ユニットはファイバーで成形して、ライトカバーはポリカーボネイトで作られています。

ファイバー担当は裾野の職人゛MITRA゛の八木橋さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事を中断して、この328のスペックをアライ社長から探ってしまいました。

エンジンはオリジナルV8・3200ccです。 とにかくよく回るエンジンのようで、8000回転で450馬力もでてしまうとか。

10000回転まで軽くまわってしまうようで、まるでバイクのエンジンみたいですね。

最近の車は大排気量とか大パワーなど多いいようですが、やはり楽しく乗れてこそアライチューニングフェラーリなのかなと

思ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に見てもやっぱりかっこいい。

私とうとう仕事を完全に忘れてしまいました。

ブログオーナー

ヨコヤマオートグラス 代表

代表の横山です。

当社では、「このガラスは交換できない」と他業者で言われたガラス交換も多数行ってきました。 その車の歴史、その部品の意味を知り尽くしているからこそできる仕事だと自負しております。

ブログではその修理の様子をご紹介しておりますので、ぜひともご一読下さい。