公式ホームページ

公式ホームページ

有限会社ヨコヤマオートグラス

〒194-0212
東京都町田市小山町217-25
TEL:042-860-1077

‘トヨタORIGIN’ カテゴリーのアーカイブ

toyota origin back wind clush

画像提供はオーナー様です。

さぞ衝撃を受けてしまった事かと心中お察し致します。

origin3

origin4

 

昭和30年代のクラウンの面影を思い出すトヨタの記念限定車オリジンです。

この前後ドアが観音開きになっている所が何ともクールです。

残念なことにイタズラなのかリヤガラスが割られてしまっています。

通常ならガラスを交換すれば済む事案ですが、ガラスが生産中止になっており何処にも

在庫が無いという状況になっております。

オーナー様はいっその事買い取りに出すか廃車にするか悩まれたそうですが、ご家族の

想い出が詰まったこのお車は、家族会議で何とか修理する道を選ばれた様です。

と言う事で弊社に入庫と相成りましたが、・・・はっきり言って困ります。

origin2

この寸法と曲面、しかも強化ガラスとなると、これを製作する事は

現実的ではありません。

莫大な費用が掛かってしまう恐れと、CADデータなど全く無い状態なので、

何処まで正確に製作できるか解らない所が非現実的なのです。

1番の理想は中古車をもう1台無登録でお持ちになるのが宜しいかと思います。

部品が壊れたら、その部品だけを移植すれば簡単に解決となります。

しかしオーナー様はご夫婦でお越しいただき、また熱い想いを聞かせていただき、

手土産までいただいてしまい、小生逃げ場を全く失いました。

やるしか無い・・・一肌脱がせていただきます。

origin6

先ずはオーナー様とプランニングです。

費用の件、オリジナル性、安全性など話し合いまして、弊社の提案としての初代

クラウン調3分割リヤガラス案をオーナー様は受け入れてくださりました。

熱線やアンテナなど無くなりますが、機能性よりデザインを優位に考慮して

くださったので先ずは第一ステージクリヤと言う所でしょうか。

origin8

origin10

origin11

大まかな型に合わせて中央部分のガラスを探します。

それなりに型が合えば、ボディに合わせてガラスを切っていきます。

origin14

origin16

origin17

第2ステージもクリヤして思った以上スムーズに進行するかと思いきや、

両サイドが大変厳しい状況です。

両サイドはガラスを諦めアクリルで製作する事になりました。

画像はプラペットでアクリルの型の型を作っている状態です。

その後アクリルの型の製作に入ります。

origin akuriru2

origin akuriru1

日数が経過しましたが5㎜ガラス色のアクリルが出来上がりました。

樹脂も色々ありますが、アクリルの他ポリカーボネイトや塩ビ、プラペットが主流

となり、それぞれの性質を把握してないと取り扱いは難しい面があります。

アクリルを選んだ理由として、傷の付きにくい材質(硬さ)が決め手となります。

どうにか第3ステージがクリヤの様です。

origin akuriru4

origin akuriru5

純正のアウターモールがしっくりと付いていれば違和感は無いですね。

分割部分の仕切りモールも雰囲気が出ているかと思います。

しかしガラスとアクリルの色の差が若干出てしまっているのが悔やまれます。

残念ですが規格品ゆえに限界がありました。

origin akuriru3

完成となります。

オーナー様の喜ばれる笑顔が何よりの報酬かもしれません。

最終ステージクリヤと言う気分でしょうか。

 

 

 

 

 

ブログオーナー

ヨコヤマオートグラス 代表

代表の横山です。

当社では、「このガラスは交換できない」と他業者で言われたガラス交換も多数行ってきました。 その車の歴史、その部品の意味を知り尽くしているからこそできる仕事だと自負しております。

ブログではその修理の様子をご紹介しておりますので、ぜひともご一読下さい。