カテゴリー別
公式ホームページ

公式ホームページ

有限会社ヨコヤマオートグラス

〒194-0203
東京都町田市図師町610-5
TEL:042-793-2876

‘M3’ カテゴリーのアーカイブ

 

 

 

 

 

 

 

今回はBMWモトーレン東名横浜の横浜磯子サービス様へ

お伺いしております。  神奈川県内では港から比較的

近く、古くから営業されている信頼あるディーラーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

90型のM3が入庫されてます。

速そうなスタイルですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

作業としては、左上のモールディングが浮いてしまっています。

本来ガラスを外さずにモールを交換しますが、今回はしっかりと

外してやってみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、下側のワイパーやフィルターなどをごっそりと外します。

センサーなどもあるので要注意です。

 

 

 

 

 

 

 

ピアノ線で外します。  実はピアノ線も種類がいっぱいあります。

0.3ミリから0.8ミリ、その他変な加工をした物まで。 プロに

なると車をみれば、これは使えてこのピアノ線はあぶないなーなど

確実に判断します。 当たり前か・・・ 割ってからじゃ遅いですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

外れました。  室内側にもいろんなセンサーが・・

 

 

 

 

 

 

 

 

外したガラスの内側を特殊なコンパウンドで磨きます。

この様にすると歪みがとれてホコリなど付かなくなり、曇りにくく

なります。 視界の確保はこれが一番だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

下地をしっかりと作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の車はよく両面テープを使っています。

忘れずにテープ用プライマーを・・・

黄色のマスキングテープは、モールの外側の位置決めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

モールディングはガラスに対して水平に取り付ける構造ですので、ガラスが

ボディから離れていた方がきれいに取り付けられます。

シーリングも完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん一人で乗せてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

気になられていた箇所もナイスラインです。

本当はルーフモールも症状に絡んでいました。

クリップが弱く、前側が上に持ち上がっていたんですね。

クリップを加工して、ルーフモールのひっかかりを強くしたことによって

同じ症状は出ないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

整いました。  完成です。

 

ブログオーナー

ヨコヤマオートグラス 代表

代表の横山です。

当社では、「このガラスは交換できない」と他業者で言われたガラス交換も多数行ってきました。 その車の歴史、その部品の意味を知り尽くしているからこそできる仕事だと自負しております。

ブログではその修理の様子をご紹介しておりますので、ぜひともご一読下さい。