カテゴリー別
公式ホームページ

公式ホームページ

有限会社ヨコヤマオートグラス

〒194-0203
東京都町田市図師町610-5
TEL:042-793-2876

‘ガラス加工’ カテゴリーのアーカイブ

 

 

 

 

 

 

 

フェラーリ355のサイドガラスとバックガラスをポリカーボネイトのウィンドスクリーンに交換します。

レーシングスタイルと言いましたらマフラーとかシート、ステアリングなど容易に思いつきますが、

ガラスを樹脂製に変更されたいと言われるお客様はとても熱心なお方と思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずガラスから外側に付いているモールを綺麗に外します。 引っ張りながら外してしまうと

切れるか伸びきってしまうので、慎重に外します。  ガラスとモールのセット品(アッセンブリー製品)なので

作業時間は掛かりますが、決してアウターモールを外せないことはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ポリカーボネイトの表面保護テープは最後まで剥がさずに残しておきます。

アウターモールを組み付ければそれらしくなってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

アウターモールを本付けする前に、内側に黒塗り施工をします。

ポリカーボネイトは割れることはなく、軽量、耐熱性に優れていますが、大変キズが付きやすく

溶剤に弱い性質と言うところに気を配らなければいけません。

順序としては、脱脂、弱密着剤、サッシュブラックといった感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

アウターモールを変成シリコーンで接着すれば見た目はガラスのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

バックウィンドは加工が必要とせずそのまま取り付け出来ます。 バックウィンドは本国製でガラス製品と

見分けがつかないほど精巧に作られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ナンバープレートらしきものが付いているよですが気のせいでしょう。 まさしくレーシングカーです。

ガラスのようでガラスでない。 見えてはいますが見えないところに気を使われるといった所でしょうか。

男性でいえば下着に気を遣うといったところ?

 

 

 

 

 

 

 

 

少々表現が外れてしまったようですが整いました。

やはりガラス職人から見させていただくとカッコ良いです。 さりげなく傷が付いている所も

雰囲気をかもし出していますね。 ポリカーボネイトの良さというものは性質の良さもそうですが

オーナー様のドライブポテンシャルを十分に引き立たせてくれる所だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナルカーボンファイバー製のルーフトップパネルに合うガラスを切ります。

マスキングテープのサイズに加工します。

微妙にアールが付いていてむずかしいかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえずBMWの中古ガラスで切ってみることにしました。

Z3のガラスで挑戦です。

 

 

 

 

 

 

 

 

だいたいの大きさで切りましたが・・・

なんだよ!ガラスの方が全然アールがきついとは!

ミラーベースが付いているため切ってからでないと、

アールが合わせられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

仕方ありません。少しアールのゆるいBMW E65(760)を

使いましょう。 UVカット機能を備えたガラスなので高級感が

つくかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

中古とはいえ、高価品なので慎重に切りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

アチャー!! 失敗です。 ガラス切りで切るわけですが

角度が少しでも悪いとヒビが入ります。

実はE65のガラスで失敗したのはこれが2枚目なんです。

しかも同じところでヒビが入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、軽トラックの安い新品ガラスが不良在庫として

あったので、これを使っちゃいました。

中古とはいえ、3枚も失敗すると馬鹿らしくなりますね。

安いとはいえ、アールもバッチリだからなおさら沈みます。

まぁ無事に納められたので良しとしましょう。

ブログオーナー

ヨコヤマオートグラス 代表

代表の横山です。

当社では、「このガラスは交換できない」と他業者で言われたガラス交換も多数行ってきました。 その車の歴史、その部品の意味を知り尽くしているからこそできる仕事だと自負しております。

ブログではその修理の様子をご紹介しておりますので、ぜひともご一読下さい。