カテゴリー別
公式ホームページ

公式ホームページ

有限会社ヨコヤマオートグラス

〒194-0203
東京都町田市図師町610-5
TEL:042-793-2876

‘Ford’ カテゴリーのアーカイブ

s-リンカーン (1)

’77年型リンカーンコンチネンタルです。

40年以上前のいかにもアメリカンドリームを叶えている様な存在感があります。

とにかくでかい! 全長6メートル以上でしょうか?

s-リンカーン (7)s-リンカーン (6)s-リンカーン (10)

本来付いているガラスがアクリル樹脂に代わっております。   これはルーフパネルを切って

幌タイプに改造されている為、補強の意味でピラーを溶接増ししたものの最後のガラスが

合わなかったと言うケースでしょうか。

しかしアクリルウィンドは曲げもしっかりと作られており良く出来た作りですが、

せっかくのリンカーンも残念な車となってしまいます。

 

s-リンカーン (2)s-リンカーン (3)

横幅が長いので、普通車では対応できません。

しかし曲げが思ったよりキツイので、トラックなどのガラスも全く合わない状態です。s-リンカーン (11)リンカーン (20)s-リンカーン (8)

4~5枚ガラスを無駄にしながら、一番近いガラスを何とか見つけた所です。

諦めようとしても最後には見つかる物ですね。

ガラスを見つける手伝いをしてくれた問屋に大変感謝です。

s-リンカーン (12)

ガラスを乗せた状態です。

s-リンカーン (16)s-リンカーン (18)

多少上部の曲げが合わない為、外側に付くステンレスモールも加工が必要となります。

幌を閉めた時にかなりのテンションが掛かりますので最終チェックは緊張したな~

ワイパーも無事装着されて問題なさそうです。

s-リンカーン (15)

完成です。

オーナー様はまだお若い素敵なご夫婦でした。

奥様も運転されるそうですが、さすがにアクリルウィンドでは見づらく危険です。

上部にボカシとルームミラーも付いて気分も晴れやかではないでしょうか。

もしガラスが割れてしまったら、合うガラスも見つけましたのですぐ対応できそうです。

 

PB080506  PB080507

PB080508

懐かしいフォードの車が入庫してきました。 1963年のカントリーセダンという車です。

とにかくでかい! 50年前のアメリカンサイズと言ったところでしょうか。

PB080509 PB080510

非常に残念です。 お客様は車上あらしに遭ってしまったようです。 こんな希少な車の、しかもさわりたくもないような

形状のガラスを割るなんて・・・ 犯人は無知で残酷であります。 こんな品物どこにもないぞ!

P3230618 P3230619

というわけで、フォードの事ならアメリカの友人Bobbyにガラスを探してもらいます。

最初はこんなガラスはどこにもないと断られましたが、しつこいメールのやり取りでどうにか見つかりました。

もちろん中古ガラスですが、きれいに磨いてくれて新品のようです。 Thank You!Bobby.

P3230621 PB080513

お客様が粘着テープで養生してくれたおかげで、ガラスの飛散が少なく外せました。

このちょっとした応急処置で、各部分に傷がつかなくて助かります。

PB080511 ford country sedan 2

ガラスは内側からボディに固定されます。 当時の生産ラインは機能よりスタイル重視。

わかったような語り口ですが、50年前だとまだ自分生まれてませんでした。

ただのうんちくです。 すみません。

ford country sedan 3 ford country sedan 4

完成です。 このテールスタイルはアメリカ車独特ですね。 圧倒されます。

もしまた割られたら、しばらくはガラス無しで走ってもらいそうです。

省エネなんて考えもしなかった時代、ある意味ぜいたくな作りをした車ですね。

希少なお車、大事に保管しましょう。

 

 

 

 

 

 

ブログオーナー

ヨコヤマオートグラス 代表

代表の横山です。

当社では、「このガラスは交換できない」と他業者で言われたガラス交換も多数行ってきました。 その車の歴史、その部品の意味を知り尽くしているからこそできる仕事だと自負しております。

ブログではその修理の様子をご紹介しておりますので、ぜひともご一読下さい。