カテゴリー別
公式ホームページ

公式ホームページ

有限会社ヨコヤマオートグラス

〒194-0203
東京都町田市図師町610-5
TEL:042-793-2876

‘355 前編’ カテゴリーのアーカイブ

 

 

 

 

 

 

 

五月晴れで気分の良い仕事日和です。

今日は東名高速、横浜町田インターチェンジからすぐの

アライバンキン様で、フェラーリ355のフロント

ガラスの交換をさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがフェラーリの事ならおまかせといった工場内です。

社長にフェラーリの事を語っていただくと、本当に情熱のすごさが

伝わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このスパルタンな355を作業させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、道路を走行すれば必ず傷がつくと言うのならば、

前廻り、特にガラスはタイヤと同じように消耗品だと感じて

しまうのです。・・・ 商売上手でしょうか?

まぁ つべこべ言わずにさっさと仕事に取りかかりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

室内トリムなど、ひと通りはずしてからガラスがはずせます。

はずしてから気づいたのですが、数年前に私が一度施工した

お車だとわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我ながら完璧なシーリングと下地作りだな~と自負してしまい

ました。 サビも、もちろんありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

新たに下地作りをしますが細かいところでは彫刻刃を使います。

少しでもボディ側にキズを付けたくないからです。

見えないところに気を配れば、年月が経てば経つほど仕上がりに

差が出るものだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんどは新品モールの曲がりを合わせます。

これだけアールが合わないと泣けてきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

だいたい形が整いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は下側のモールですがちょっと心配です。

 

 

 

 

 

 

 

 

少々心配ですが、新品ガラスと曲げを合わせたモールを

組んでボディに仮付けしてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり! ガラスとモールの間が異常に隙間がある!!

何時間も合わせて見ましたが、これ以上は無理かなと

判断し、モールだけを発注し直す事にしました。

イタリヤ車の特徴ですね。 国産車みたいに半日で終わる

なんて事はめったに無いです。 じっくりと慎重にやりましょう

という事で・・つづきはまた今度です。

ブログオーナー

ヨコヤマオートグラス 代表

代表の横山です。

当社では、「このガラスは交換できない」と他業者で言われたガラス交換も多数行ってきました。 その車の歴史、その部品の意味を知り尽くしているからこそできる仕事だと自負しております。

ブログではその修理の様子をご紹介しておりますので、ぜひともご一読下さい。