カテゴリー別
公式ホームページ

公式ホームページ

有限会社ヨコヤマオートグラス

〒194-0203
東京都町田市図師町610-5
TEL:042-793-2876

‘i3’ カテゴリーのアーカイブ

bi37s

BMWのハイブリットモデルi3のガラス交換の依頼を受けてしまいました。

私の中では出来れば触りたくない車の1台であります。

車体が高いのがとにかく嫌いなのです。

それとi3初期型のファイバーボディーと言う所でしょうか。

BMWはただ軽量化を目的に作ったのか、または将来性を虎視耽々と

見据えているのか・・

bi36s

アルミや鉄の車体ですと従来の工具、材料が問題なく使用できますが、ファイバーボディーともなると

それが通用しなくなってしまいます。 そして初期型の設計という物は必ず問題点が発生します。

問題を解決するとマイナーチェンジとなるのですが、この車はガラスを外すだけでひと苦労です。

早い話、作りが悪い。

bi35s

ガラスもかなりの軽量です。 高さが1000ミリ以上ですが、合わせガラス内側が1ミリあるでしょうか?

これは見事。 良い作りです。

bi34s

bi31s

ガラス側にシーリングを充填します。

bi32s

サービスマニュアルではフロントフード脱着要とありますが、あえてそのままで・・

初期型モデルですからクリップ一つ外すのに1時間掛かってしまうからです。

ガラスを2人で乗せるのも、フードが邪魔なため適しません。

結果これがベストなのです。

bi33s

80年代あたりのファイバーボディーの車は単純に軽量だけを目的にしております。

当時のガラスの取り付け方法もそれなりに理にかなった工程です。

現在はウレタンシールとファイバーを付けてしまうのだから、技術は遥かに進んでいるのでしょうか?

しかし材料の互換性の信用、下地作り、耐久性など課題はまだまだたくさん有ります。

トヨタをかなり意識したBMWが、21世紀にチャレンジした触りたくないけど面白い車ですね。

 

 

 

ブログオーナー

ヨコヤマオートグラス 代表

代表の横山です。

当社では、「このガラスは交換できない」と他業者で言われたガラス交換も多数行ってきました。 その車の歴史、その部品の意味を知り尽くしているからこそできる仕事だと自負しております。

ブログではその修理の様子をご紹介しておりますので、ぜひともご一読下さい。