カテゴリー別
公式ホームページ

公式ホームページ

有限会社ヨコヤマオートグラス

〒194-0212
東京都町田市小山町217-25
TEL:042-860-1077

54Btrunk4

剥離作業はトランク内から室内へ移動します。

inner panel

inner panel3

inner panel4

inner panel6jpg

後部座席周辺の剥離が、本職の合間とはいえ約1ヶ月掛かってしまった。

ペーパー空研ぎ、ワイヤーブラシ、錆止め、毎日の繰り返し作業。

しかし鉄本来の輝きを見てしまうとついつい夢中になってしまいます。

54Bnaviside3

54Bnaviside4

助手席側のフロアは無事ですね。

ロッカーパネル際に小さい腐食がありますが、溶接で簡単に治せる状態。

54Bdriveside2

54Bdriveside3

54Bdriveside4

room

運転席側は補修痕が出てきました。

少々気になるので、ピラーの継ぎ目やフロアの継ぎ板も綺麗にやり直します。

ひとまず錆止め、エポキシプライマー処理。

S54door11

S54door5

S54door7

S54door12

ドア4枚とも異常に綺麗な状態。

おそらく前オーナーさんがドアパネル4枚とも交換していると思われます。

ある意味ラッキーかも。

S54fender3

S54fender.5jpg

fenderright

fenderright.jpg2

フロントフェンダーの多少のへこみは致し方ない。

腐食が理由でドアヒンジ付近が治されていますが、この部分は鈑金の

やり直しが必要となります。

左右とも同じ補修がされていることから、根本的な原因がありそうです。

S54hood4

S54hood2

S54hood

hood2

エンジンフードの裏側が結構大変な事に・・・

表は剥離剤を使えば問題ないのですが、フィンやヒンジの付け根辺りは無理だな。

hood13

hood10

hood7

hood9

やはり目は潰れず、スポット揉んで分解です。

おかげで手の届かないところが磨き放題。

skylineS54B19

hoodok2

防錆、サフプライマー後パネルボンドで接着です。

スポットの穴をずらさず接着すれば意外と綺麗に元通りになります。

やっと本番サフェーサーから塗装へと向かえそうです。

エンジンも同時に手を入れていく予定で、おそらく年内には走れるでしょう。

 

.

ブログオーナー

ヨコヤマオートグラス 代表

代表の横山です。

当社では、「このガラスは交換できない」と他業者で言われたガラス交換も多数行ってきました。 その車の歴史、その部品の意味を知り尽くしているからこそできる仕事だと自負しております。

ブログではその修理の様子をご紹介しておりますので、ぜひともご一読下さい。