カテゴリー別
公式ホームページ

公式ホームページ

有限会社ヨコヤマオートグラス

〒194-0203
東京都町田市図師町610-5
TEL:042-793-2876

s-IMG_3784

BMWのM2クーペです。

BMWが技術を集積したコンパクトスポーツカーです。

パワーが有るだけではなく、快適性も追求された最新モデルとなります。

s-IMG_3783

各部品の精度がシビアに追求されたBMWですから、運転中は静粛感の中に

エンジン音、音楽、タイヤの接地音など楽しみたい所です。

しかしながら走行中にキシミ音がするとの不具合が発生しているようです。

風切り音やキシミなど予期しない耳障りな音は本当にイライラしてしまいます。

内張りやシート、各ガラスの気になる箇所を徹底的に調べ上げた結果、リヤサイド

のガラスが一番怪しいと判明しました。

しかしながら雨漏れもしてないのになぜにガラス?

s-IMG_3775s-IMG_3777

先ずはサイドガラスを取り外していきます。

s-IMG_3774s-IMG_3778

オリジナルのシーリングはしっかりと施工されております。

しかしシーリングの更に下の部分、塗膜の下地が不具合を起こさせていたようです。

剥がしたシーリングに塗料が付いているのを見れば一目瞭然。

この接着不良が振動により微かな耳障り音を発生していたようです。

s-IMG_3779

新しいBMWのシールは非常に硬くなる素材を使用しています。

硬くなるとシールの寄れなど軽減されますが、接着する相手側の精度も求められます。

シールは時間が経つと必ず収縮しますので画像の様な剥離を起こしてしまうのです。

s-IMG_3780s-IMG_3781

 

ところで、スポーツカーと言えばポルシェ、フェラーリですが、両社共に塗膜の上に

シーリングをするという事は絶対ありません。

シーリング箇所には塗装をしていないのです。

塗膜と言う樹脂が硬いシールの性能を邪魔してしまうからです。

s-IMG_3785

ちょっとした事では有りますが、快適な車ライフを過ごすには様々な材料と性質を

考慮しないといけません。

小生偉そうにBMWを責めるつもりは些かもございませんが、ガラスプロショップの

つぶやきとお考えください。

 

 

 

.

ブログオーナー

ヨコヤマオートグラス 代表

代表の横山です。

当社では、「このガラスは交換できない」と他業者で言われたガラス交換も多数行ってきました。 その車の歴史、その部品の意味を知り尽くしているからこそできる仕事だと自負しております。

ブログではその修理の様子をご紹介しておりますので、ぜひともご一読下さい。