カテゴリー別
公式ホームページ

公式ホームページ

有限会社ヨコヤマオートグラス

〒194-0203
東京都町田市図師町997
TEL:090-1426-9925

body work mission

プリンスマーク

body work side left

S54 body

慎重にエンジンとミッションを時間かけて外したおかげで、ドアやフェンダーなどは比較的

に軽快な外し作業となってくれました。

fuel tank

S54 body2

S54Bスカイライン自慢の100ℓタンクはとりあえず使えそうです。

外見は綺麗でもタンクの中は後のお楽しみと言うことで・・・

S54hood4

cleaner2

剥離剤使って赤色を落として気付いたのですが、黄色が出てきたと思いきや、

オリジナル色のアイボリー色が出てきました。 元の色を剥離せず違う色を

被せているので、ある意味下地の鉄板は何10年も3層コートされた状態の様です。

54B mark

ルーフライニングの裏に54Bのサインを発見!

勿論当時のサインで半世紀ぶりに日の目を見たと言う事でしょうか。

cleaner10

cleaner9

cleaner7

3層コートの塗装を向いてしまうのも惜しい気もしましたが、屋根だけ見ると

オリジナルの下地(鉄肌)は芸術だなと改めて感じます

cleaner3

cleaner4

cleaner5

残念ですが、リヤフェンダーは左右とも補修された痕があります。

リヤフェンダーを守る役目のインナーカバーは遙か数年後に設計された部品なので、

タイヤから出るゴミや雨水などはリヤフェンダー裏側に蓄積されてしまいます。

故に腐って当たり前でしょう。

trunk

cleanerback cleanerback2

屋根から下方後部へと剥離作業が進んでいきます。 侵食するように外側から内側

へとトランクの中まで剥離作業は進んでいきます。

54Btrunk

54Btrunk2

54Btrunk3

54Btrunk454Btrunk5

スペアタイヤのラゲッジの腐りは見えませんが、非常に画像映えが醜いです。

54Btrunk6

僅かな腐食もありますが、鉄板に大きな穴が開いている訳でも無いので

このまま順調に作業が進みそうです。

次回は室内とフロントフェンダー、フード、ドアパネルといったボディから

外れたパーツの下地を綺麗にしていきます。

 

 

 

 

.

ブログオーナー

ヨコヤマオートグラス 代表

代表の横山です。

当社では、「このガラスは交換できない」と他業者で言われたガラス交換も多数行ってきました。 その車の歴史、その部品の意味を知り尽くしているからこそできる仕事だと自負しております。

ブログではその修理の様子をご紹介しておりますので、ぜひともご一読下さい。